家族にバレずにお金を借りることはできます。クレジットカードを作って、そのキャッシング機能を使えば可能です。

クレジットカードを作るのに保証人や担保は必要ありません。カードはインターネットを使って申し込むことができます。

携帯やスマートフォンからも可能です。申し込むときは年収や現在の職業などくわしく書かなければなりませんが、順を追ってやっていけばそれほど難しいことではありません。

申し込みが終わったら、本人確認の書類を送ります。免許証や健康保険証が使えます。それをコピーしてファックスなどで送ります。これも家族にばれないでできるでしょう。

借りるお金が50万円を超える場合は、年収証明書を送付しなければなりません。給与明細書などが年収証明の書類に使えます。

本人確認の書類を送ってそれをカード会社が受理したら、お金を借りられるようになります。カード会社の自分専用のページから手続きができます。後日カードは自宅に送られてきます。

自分が受け取らないと、ばれる可能性があるので注意しましょう。多くの会社が自宅で受ける取ることを指定していますが、無人契約機などを使って作った場合はそこで受け取ることが可能になります。

カードを作って借入をしたら、期限を守って返済することが非常に重要です。それをしなかったら、家族にばれる可能性が高くなります。

カード会社から催促の手紙が送られてくるからです。返済の遅延を続けていると、自宅へ電話もかかってきます。