主婦でもお金は借りることが出来る!主婦向けキャッシングローン

主婦の立場にもいろいろあります。仕事をもたず家庭に入っている人、パートやアルバイトで多少の収入を得ている人、正社員として仕事を持っている人などです。

主婦がお金を借りるためにはこれらの条件が審査や融資額に響きます。たとえば、収入がない専業主婦がお金を借りるには、利用できるキャッシング会社も融資額も限られてきます。銀行の口座を持っているか、夫の収入証明を提出することで借りられる業者が対象となります。しかし、融資額は限定されます。

扶養控除内でパートやアルバイトをしている場合には、主婦でもお金を借りることが可能です。額が少なくても、毎月定収入があることは、審査にパスするために必要な条件となっているからです。

何百万も借りることはできませんが、50万円くらいまでなら融資してもらえます。

そして、扶養控除内ではなく正社員などとしてフルタイムで働いている場合には、主婦ではなく会社員という立場となります。この場合には、定収入がありますので、基本的な条件はクリアしていることになります。

その他の条件として、本人確認ができること、複数のキッャシングローンに残金がないこと、過去に支払で滞ったことがない人であるかどうかなども審査の対象になります。

つまり、お金を貸したときに、契約通りに返済をしてくれると判断されたら融資を受けることができるということです。

お金はいつ緊急で必要になるかわかりません。夫に相談できない場合には、無職でも借入れが可能な業者やその条件を確認しておくと安心できます。

ページの先頭へ